TOP > > 特集 > > 渋谷の街をレゴ®ブロックでつくろう!

未来の渋谷を担う子供たちと一緒に街を作るワークショップ 渋谷の街をレゴ(R)ブロックでつくろう!

未来の渋谷を担う子供たちと渋谷の街を作るワークショップ「渋谷の街をレゴ®ブロックでつくろう!」を、2018年1月28日(日)渋谷ヒカリエ8/COURTで開催しました。イベント当日は、公募で集まった総勢57人の小学生たちが参加して、子供たち自らの手で「渋谷の街づくり」をレゴ®ブロックで行いました。

ワークショップ「渋谷の街をレゴ(R)ブロックでつくろう!」概要

開催:2018年1月28日(日)
    低学年(1〜3年)の部/ 9時半〜11時半
    高学年(4〜6年)の部/13時半〜15時半
会場:渋谷ヒカリエ 8/COURT
参加:渋谷区在住の小学生を中心に計57人
主催:渋谷駅前エリアマネジメント協議会 /一般社団法人渋谷駅前エリアマネジメント
共催:東京急行電鉄株式会社 /東急不動産株式会社
協賛:東急グループ
協力:レゴ®認定プロビルダー 三井淳平さん(三井ブリックスタジオ株式会社)

57人の子供たちが「渋谷の街」の再現にチャレンジ!

駅前の再開発エリア。手前の建設中の建物は「渋谷スクランブルスクエア東棟」。

100年に一度の大規模な再開発が進む渋谷駅周辺。同ワークショップは、今秋に旧東横線の線路跡地に開業する「渋谷ストリーム」や、2019年度の開業に向けて建設中の「渋谷スクランブルスクエア東棟」や2019年秋竣工予定の「道玄坂一丁目駅前地区」など、建設工事が着々と進む「現在の渋谷駅周辺」の様子をレゴ®ブロックで再現するというもの。

日本で唯一のレゴ®認定プロビルダー・三井淳平さん。

「レゴ®認定プロビルダー」というのは、デンマークに本拠地を置くLEGO社から、その優れたレゴ®ブロックの作品制作能力が認められて直々にお墨付きを得ている人で、なんと世界に14人しかいません。その中の一人である三井さんは、レゴファンからは「神」と呼ばれるほど尊敬されているすごい人です。

三井さんが、現在工事中の渋谷駅周辺の街並みを、約10万個のレゴ®ブロックを使って1/300スケールで精巧に再現。 「制作は約4カ月前から準備を開始。昨年夏ごろに渋谷の再開発を視察した後、手書きで街の絵を1枚描いて、それを見ながらレゴ®ブロックを一つ一つ組み立て始めました。特に詳細な設計図を作成したわけではなく、なるべくデフォルメはせずに、正確に比率を合わせながら再現を試みました。渋谷ストリームの縦模様や、鉄骨が組まれている工事中の建物を作るのはやや苦労しました」と三井さん。

現在再開発中の『渋谷の街』を自分で作る体験、みんないい笑顔をしているね。

ワークショップは、午前「低学年(1〜3年生)の部」と、午後「高学年(4〜6年生)の部」の2部構成で実施し、公募で集まった小学生総勢57人が参加しました。

ワークショップレポート

まず参加小学生たちは、各テーブル3〜5人のグループに分かれて着席。ワークショップで使用するレゴ®ブロックのセットが各自に配布され、三井さんの指導のもとで、ブロックの組み立て方法を教わります。日頃からレゴ®ブロックで遊び、慣れ親しんでいる子供たちも多いせいか飲み込みが早く、三井さんの説明よりも先回りして制作を進める子供たちの姿も目立っていました。とはいえ、子供たちには何を作っているのか、街のどんなパーツになるのかを、ワークショップスタート時には一切知らせていないため、何が出来るのか興味津々。中には「白黒だからパンダじゃない?」「いやオセロだよ」という声も。

穴からのぞくと遠くまでよく見えるよ〜。
ウィ〜ン! 宇宙船みたいで、格好いいだろう!

レゴ®ブロックの形や色をじっと眺めたり、穴をのぞき込んだり、子供の五感を刺激して様々な想像を膨らませながらワークショップに取り組んでいる様子が印象的。またグル−プの中で、ブロックの組み立てに迷っている子がいると、周りの子がすっと教えてあげたり、互いに初対面ながら、遊びを介して上手にコミュニケーションが図れるのも子供ならでは。

だんだんとブロックが組み上がっていくと、グループの仲間同士で連結させて「あ、道路だ」「高速道路だよ」という声が上がり始めました。今回のワークショップでは、低学年の部は六本木通りから国道246号線の頭上を走る「首都高速道路」の制作を行いました。ひとり一人が道路の一部分のユニットをつくり、その小さなユニットをすべて連結させることで、渋谷駅周辺エリアを東西で横断する1本の首都高速が浮かび上がってきます。

仕上げ作業を行う三井さん。

さらに高学年の部では高速道路になくてはならない車などを制作。
仕上げは子供たちが作ったユニットを、三井さんが模型の中に一つ一つ丁寧に組み込んでいき、みんなの力で街の大事な機能が一つ完成するという素敵な演出でワークショップは締めくくられました。
参加した小学生たちは「最初見たときは何ができるか分からなかったけど、みんなとくっつけたら道路になった」(小学3年生男子)、「難しそうだったけど、やってみたら楽しかった」(小学3年生女子)などの感想を寄せてくれました。自分たちが暮らす街を、自分たちで作るという、何とも不思議で誇らしい体験をして、みんないい笑顔をしていました。

午後には高学年向けのワークショップも実施。街の中に走らせる「車」などの制作が行われた。

ワークショップを終え、三井さんは「子供たちにジオラマの一部を作ってもらうのは初めてで、結構チャレンジングな試みだった。子供たちにも熱心に作ってもらえたので、とても良かった。高速道路は街の大事なパーツの一つなので、そこに関わったことで渋谷に興味をもってもらえたのではないか。私自身、渋谷の街をレゴで作って、めちゃめちゃ渋谷に詳しくなった(笑)」と新しい試みに手応えを感じておられました。

現在、渋谷ヒカリエ11階スカイロビーに展示中!

「渋谷の街をレゴ®ブロックでつくろう!」で子供たちが作った作品は現在、再開発中の渋谷のまちが一望できる「渋谷ヒカリエ11階スカイロビー」に展示されています。そのレゴ模型の隣には2027年度に完成予定の「未来の渋谷」の都市模型も並んで設置されていて、今回レゴ®ブロックで作った「現在再開発中の渋谷の街」と、「2027年度の未来の渋谷」、そして窓の外には「本物の渋谷の街」が広がり、3つの渋谷の街を同時に見比べて楽しむことが出来ます。

さらに今後、再開発工事の進捗状況に合わせながら、三井さんが模型を更新していく予定。渋谷に遊びに来たら、ぜひ渋谷ヒカリエ11階まで足をお運びください!

フォトギャラリー

トップへ
COPYRIGHT© 渋谷駅前エリアマネジメント協議会/一般社団法人渋谷駅前エリアマネジメント